飼い主の意志で命じられた安楽死から救われたペットの猫

銀行が裁判官に行動を阻止するように求めた後、倒されることになっていた11歳の完全に幸せで健康な猫は、死の扉から救われました。なぜ猫は 安楽死させた ?彼女の亡くなった所有者は彼女の意志でそう要求した。

シカゴの西部郊外であるバーウィンのジョージア・リー・ドヴォルザークが昨年12月に76歳で亡くなったとき、彼女は以前に彼女の130万ドルの不動産を動物関連の慈善団体に寄付するよう手配しました。



彼女はまた、ブーツを「痛みのない平和な方法で」致死的な注射で安楽死させたいと考えていました。



ドヴォルザークの隣人であるサンドラブトゥルシスによると、ブーツの飼い主は熱心な動物愛好家であり、彼女の猫に対する最後の要求には理由がなかったわけではありません。

「彼女(ドヴォルザーク)は本当に大きな心を持っていました。彼女は動物が大好きでした」とブトゥルシスはシカゴのCBSニュースに語った。 「彼女はとても恐れていたので、何かが起こった場合、猫は世話をされず、別の虐待的な家に行きました。」



ブトゥルシスによれば、ドヴォルザークは、ブーツの前の飼い主が猫を階段から降ろし、食べ物、水、トイレなしで一度に何日もクローゼットに閉じ込めることで猫を虐待したと彼女に言いました。ドヴォルザークが亡くなる18か月前に、彼女は当時迷っていたブーツを救出しました。

ドヴォルザークには家族や親戚がいませんでした。

遺言執行者であるフィフスサード銀行は、ドヴォルザークの願いを阻止するよう裁判官に求めました。銀行を代表する弁護士は、それは「適切な避難所が特定された健康な家猫を安楽死させるという公共政策の違反」であると主張し、ペンシルベニア州やバーモント州を含む他の州の判例を引用した。



フィフスサード銀行のジェフリー・シュミット上級社長は、次のように述べています。 「私たちはこの健康で生きている動物を安楽死させたくありませんでした。」シュミットは、人々がペットのために別の信頼を築くことを提案しています。

水曜日、裁判所は、動物に愛情を込めて世話をした実績のある家にブーツを採用するよう命じました。猫は現在、猫-アレ-パーソンズ-殺しすぎない動物保護施設に住んでいます。

1988年に描かれたドヴォルザークの意志には、「当時所有していた猫は安楽死させる」という条項が含まれていました。人々は、資産計画の一環として、ペットのために特別な条項を作成することがよくあります。