ガス室に値する動物はいない

私はサンフランシスコでボランティアをしていました 犬に骨を与える 私がそれを学んだときのプログラム 安楽死 他の避難所では、ここのようには実行されませんでした。ここでは、動物に致命的な注射が行われ、数分で最後の息を吸いました。

私はそのプロセスに慣れることはなく、犬の人生を終わらせるという決定に何度も同意しませんでした。いずれの場合も、人間は無実の動物に失敗したように感じました。しかし、私は避難所に雇われておらず、その件については何も言いませんでした。ですから、犬が死ぬつもりなら、私は彼が私の腕の中で快適に死ぬことができるようにしたかったのです。



そして、郡の避難所のガス室を生き延びたジョージア州の犬についての記事を読みました。当時、このように犬や猫を安楽死させている避難所があるとは知りませんでした。そして、私はその方法がどれほど残酷で暴力的であるかを知りませんでした。



動物は息を切らして息を切らし、その中は燃えています。彼らは床を引っ掻き、部屋の壁に身を投げ出そうとします。犬や猫が死ぬのに30分もかかることもあります。それは恐ろしくて耐え難いものです。

ジョージア犬の場合、彼は生きることを許された。彼らは再び彼にガスを供給しようとはしませんでした。彼らは、そのような試練を乗り切ることができる人なら誰でもその権利を獲得したと考えたと思います。そして、このように命を落とす何百万もの犬や猫はどうでしょうか?彼らの犯罪は単に苦痛に屈しているのでしょうか?



この安楽死の方法を排除するための戦いは厳しいものになるでしょう。 「ヒューマネデス」法は、郡ごと、州ごとに異なります。ここをクリックして全国的な請願書に署名しますが、この問題について引き続き違いを生むために、地域社会の法律を調査してください。

あなたがそのような運命から妊娠中の犬(上記)を救うことができるならば、私はあなたにそうすることを勧めます。詳細については、ここをクリックしてください。