夜に犬を散歩させるための安全上のヒントについて話しましょう

夜にあなたの犬を歩く

夜に犬を散歩させるのは難しい場合があります。これらの挑戦は、天候や歩いている地域によって変わる可能性があります。しかし、いくつかのヒントを使えば、夜間の散歩であなた自身とあなたの子犬を安全に保つことができます。

お住まいの地域によっては、次のヒントの一部が当てはまらない場合があります。たとえば、あなたが私のようで、夜行性の動物がたくさんいる非常に田舎の地域に住んでいる場合、ペットと一緒に毎晩散歩するのは理想的とは言えません。



ただし、街に住んでいる場合、または夜間の生き物についてあまり心配していない場合は、夜間の散歩中にあなたとあなたの子犬が安全を保つ方法についての提案のリストがあります。



あなたとあなたの犬のための反射服やライト

幸いなことに、地元のペットショップ、インターネット、スポーツ用品店など、ほとんどどこでも夜の散歩に反射する衣類やライトを手に入れることができます。

7月4日のパレードのように外出する必要はありませんが、犬用の反射ベストとひも、自分用の反射ベストまたは帽子が、あなたとあなたの生と死の違いになる可能性があります。ペット。もちろん、犬を道路や歩道に沿って歩いている場合、これは非常に重要です。



森の中や、交通や照明がそれほど問題にならないかもしれない都市にいる場合は、より少ないライトや反射板でうまくいくかもしれません。安全のために、人々があなたとあなたの犬を見ることができることは依然として重要です。

携帯電話とポータブル充電器を持ち運ぶ

犬を保持している通りで電話の女性

そうでなければ信じたいのですが、残念ながら、緊急事態はどこでも発生する可能性があります。準備するのが最善です。つまり、携帯電話と、バッテリーが少なくなった場合に充電する手段の両方を用意することを意味します。

可能であれば、Bluetooth接続を使用すると、電話を抜いて緊急サービスにダイヤルする時間も短縮されるため、問題が発生する可能性があります。



事故が発生するので、すぐに助けを得ることができるのが最善です。

動物に注意

先に述べたように、夜は夜行性の動物がたくさん出てきます。ほとんどがあなたやあなたの犬に脅威を与えることはありませんが、それでも警戒することが重要です。

スカンクがあなたやあなたの犬にスプレーすると、毎晩のトレッキングを確実にダウンさせることができます。そうすると、アナグマのようなより攻撃的な動物のリスクがあります。

ひもなしで犬を歩くという悪い習慣を持っている人にとって、小さい犬はコヨーテのようなより略奪的な夜の動物の危険にさらされることになるかもしれません。

周囲に気を配り、声を大きくして、驚いたときに積極的に反応する可能性のある動物に忍び寄らないようにします。懐中電灯は夜行性の動物を怖がらせるのにも役立つかもしれません。

これが 野生動物に遭遇した場合の対処方法に関するガイド あなたの散歩に。

既知のルートのみを取る

夜にひもにつないで歩く犬

夜に犬を散歩させることにはすでに十分なリスクがありますが、なじみのないルートをたどって冒険心を高めることは、暗闇の中での良い考えではありません。

視界が悪く、危険な歩行状態になる可能性があるため、見慣れないルートを使用すると危険な結果を招く可能性があります。

日中にルートを変更することは必ずしも悪い考えではなく、犬に余分な運動と精神的刺激を与える可能性があります。とはいえ、夜に出かける前に、あなたがたどるすべての道に精通していることを確認してください。

暗闇の中での散歩で子犬をどのように保護しますか?夜に犬を散歩させるための他のヒントはありますか?以下のコメントでお知らせください!